【結婚式の和装の選び方】どんな種類があるのか?料金相場や似合う色や柄・選ぶポイント

結婚式はドレスの他にも和装も着てみたいと思っていました。
ですが、憧れはあるものの、意外とどんな種類があるのか、似合う色や柄、選び方など、何も分かっていない自分に気が付きました。
和装って昔から受け継いできた、日本人の伝統衣装。ドレスよりも何となく重みがある感じがします。

特に結婚式では両親や祖父母から「和装の晴れ姿が見たい」と期待を寄せられる事が多いみたいで、お世話になった家族の為にも、自分に一番似合うものを選びたい。

そこで自分なりに結婚式の和装について調べてみました。これを見ているみなさんにも参考にしていただけたらうれしいです。

 

スポンサーリンク

結婚式の和装の種類と歴史

 

白無垢 (しろむく)

上着・下着・小物などすべて白色の和装。
昔は白が女性の正装の色で、現代でも白無垢は神前式に着ることがある。
本来は神祭りなどに神聖な意味で着る事が多く、潔白や純潔という意味で好まれてきたようです。
現代では白はどんな色にも染まる(嫁ぎ先に染まる)という意味や、一度死んで嫁ぎ先へ生まれ変わる(死者が着る白装束)といった意味など、とても多くの歴史があり、深くて神聖なイメージの着物です。
今でも格調高い婚礼衣装として人気のある白無垢。
和風の神前式で着られたりすることが多いようで、昔ながらの結婚式は、特に家族や親せき、祖父母などにとても喜ばれます。日本の伝統を引き継ぎながら結婚式をとり行うのも素敵なものですね。

 

 


綿帽子をかぶれば正統派な日本の花嫁に。綿帽子は本来は真綿を加工して広げて作った女性の防寒具だったそう。神前式の挙式でしかかぶることができない。婚礼前の花嫁の顔を隠す意味もあるようで、欧米のウエディングベールと同じ意味合いですね。
白無垢は立体的に柄が浮き上がる友禅織の刺繍で光沢感もありとても神秘的。写真うつりも良く一生の思い出になりそうです。

 

 


角隠しと呼ばれる被り物は文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とも呼ばれ、一枚の帯状の布になっており、花嫁の角のように結った髪を隠すために用いられていた。
角隠しには様々な由来があり、怒りの象徴である角を隠して従順でしとやかな妻となる、という説や、女は嫉妬に狂うと鬼になると言われていた為、鬼をイメージさせる角を隠した、という説などがある。
意味が分かるととても興味深くておもしろいですよね。
白無垢は挙式で綿帽子、披露宴で角隠し(色打掛も可)をかぶるのが一般的のようです。

 

 


裏地やふちに赤を使った寿事にふさわしい白無垢。赤ふきと呼ばれ、裏地を折り返して綿入れをしている裾の部分のことを言う。赤は鳥居の色だったり、紅白でおめでたいとされる色。赤ふきの白無垢は花嫁をより引き立てるので、白無垢に華やかさを足したいという花嫁さんにオススメです。

 

 


幻想的なオーガンジーの白無垢。現代風にアレンジされたおしゃれな花嫁になれます。
髪型も洋髪に日本のかんざしを使うなどすれば、モダンな印象になり素敵です。
伝統の白無垢も着たいけど、流行も取り入れたいという人にオススメです。

 

 

色打掛 (いろうちかけ)

色がついた打掛に金箔や刺繍がされている着物。昔は白無垢より格下の装いだったが、現在では正装となっている。
室町時代に武家の婦人が秋から春にかけて礼服として羽織のように打ち掛けて着ていた事が由来。
次第に一般にも婚礼の衣装として着られるようになったそうです。
赤や緑などの華やかな色に、めでたい吉祥模様(松竹梅・鳳凰・鶴亀・御所車など)の刺繍が施されているのが特徴。
結婚式では、挙式は白無垢、披露宴は色打掛というパターンが多かったですが、現在は多様化していてチャペルでウエディングドレス、披露宴で色打掛とカラードレスという人や、前撮りで色打掛を着て結婚式で写真を飾ったりなど、和装をするならやはり華やかな色打掛が一番人気のようです。

王道の赤色の色打掛。和装といえばこの色、といってもいいほど定番の色で、華やかな赤に真っ白な鶴が飛び交い、おめでたい紅白の色が老若男女問わず人気の打掛です。

 

 

ゴージャスな光沢感のあるグリーンに金色の鳳凰が輝く色打掛。
緑色がシックで大人の雰囲気ですが、全体に金色の柄も刺繍され、衣装が映える豪華絢爛な打掛です。

 

 

やさしい白地に四季折々の花がパステルピンクの刺繍で施され春を感じる色打掛。

淡く繊細な花嫁をイメージさせます。春先の結婚式にオススメです。

 

チェリーピンクとパープルのグラデーションで可愛らしいイメージに。
牡丹・花車・熨斗(のし)など昔から伝わる縁起物の柄が織り込まれた西陣織「寛斎」の色打掛です。

 

 

エメラルドブルーが美しい色打掛。縁起物の鶴や色とりどりの花・赤い裾がアクセントになっています。

 

 

色打掛の新しい形。オーガンジーを使ったドレス感覚の色打掛。ラメやグリッターが施されキラキラと輝くおしゃれな現代風の色打掛。とても薄くて軽いので夏の結婚式などにもオススメ。

 

 


さわやかなブルーのオーガンジーにキラキラのスパンコールを散りばめた夏の星座のような色打掛。

 

 

 

引き振袖 (黒引き)

裾を引いた振袖のこと。
江戸時代の武家の婚礼に用いられた正式な婚礼衣装。
一般の結婚式に用いられるのは黒引き(黒い引き振袖)のみとなっているようですが、現在は黒以外の引き振袖を着る花嫁もいるようです。
色打掛ほどの人気はありませんが、裾のお引きずり部分に惹かれる花嫁さんも多いようで、重くなく、動きやすいといった点、自分の祖母が着ていたから喜ばれるといった理由で選ばれることがあるようです。

牡丹や熨斗(のし)が流れるように織り込まれた黒引き振袖。

 

 

 

自分に似合う衣装の選び方

衣装を選ぶという事は、自分が好きな色、自分が惹かれる柄など感覚で選ぶものなので、一目で気に入ってしまう事もあります。

それならいいのですが、たくさんの種類を試着していると自分は何が好きなのか、何が似合っているのか、よく分からなくなってしまう人も多いと思います。
そんな時はまず自分がどんなイメージで和装を着たいか、どんな花嫁に見られたいかを考えます。

白無垢・・・おくゆかしい日本の伝統的な花嫁

赤に鶴・金糸など・・・華やかな定番色・王道の花嫁

深い緑に華やかな柄・・・大人らしい上品な雰囲気

紫や光沢感のあるもの・・・艶っぽさ・妖艶さを演出

ピンクや丸っぽい花の絵柄・・・かわいらしくて可憐な花嫁

オーガンジーなどの生地・・・人と同じはイヤ・流行を取り入れたい

黒引き(引き振袖)・・・品格を出したい・動きやすさを重視したい

 

肌の色が健康的な人・・・濃い色やはっきりした柄が似合います。
肌の色が白い人・・・白や淡い色合い、繊細な柄などが似合います。

背が高い・・・大人っぽい雰囲気
背が低い・・・かわいらしい雰囲気

① 自分がなりたい色やイメージを考え、いくつか候補を選びます。

② その中から自分の生まれ持った雰囲気や個性に似合うものをいくつか残します。
またそれとは逆に、自分の直感で着たいものもいくつか残します。

③ 普段から周りにどんなイメージで見られているかを思い出します。

④ 選んだ中から周りのイメージに合った衣装、またはそれとは正反対の衣装の2種類を選びます。

⑤ 2種類の中からそれを着た当日をイメージします。

⑥ 「イメージ通りでとても似合っている」 「イメージとは正反対で驚いたけど新鮮」

⑦ イメージ通りで自分が一番似合う衣装か、イメージとは逆でゲストに新鮮な印象を与えたいか、を選択

という決め方をすればなんとなく絞り込めると思います。

ゲストの正反対のイメージというのは、私も衣装の担当さんにアドバイスされておもしろいなと思いました。
意外性があった方が式が終わっても覚えていてもらえたりしそうですよね。

でも最後の最後はやっぱり、自分が着たい、納得できる衣装、自分の中の王道な花嫁を貫いてもいいですよね。

それと和装というのは親御さんや祖父母もとても思い入れのある婚礼衣装なので、ドレスよりも楽しみにしている家族が多いようです。そのことをふまえて、選ぶ時は家族の意見も取り入れたりしてみるのもいいかもしれません。
結婚式は育ててくれた親の為に行うもの、なるべく親が望んでいるようにしてあげる、と聞いたことがあります。自分の事を一番に喜んでくれるのは自分の親。親も自分の晴れ舞台のようにはりきっています。

実際、私も予算の関係で和装は辞めたと母親に言うと、「和装姿を見てみたかった」と少し寂しそうに言われ、絶対に見せてあげたい、と着ることを決めました。試着した後も写真を見せたりして意見を聞き、なるべく親の好みに近いものを選ぼうと思っています。
自分の好きなものを選んでもいいけれど、こんなことで親孝行ができるならぜひしてあげたいですよね。

 

 

和装の料金の相場

和装はウエディングドレスやカラードレスに比べても料金が高めです。
式場の提携レンタルショップの和装衣装の相場は30万~40万くらいです。
ドレスが20万~30万と和装に比べると安いので、今は和装は着ずにドレスだけ、という人も多いそうです。
地域性もあると思いますが、わたしの出席した結婚式では和装は必ず着ていたので、私も着たいなと思っています。

式場のショップで借りるなら、提携していて割引のきくドレスショップを先に調べておいた方がいいと思います。
式場を決めてからだと提携先に気に入る衣装がない可能性があるので、できれば式場を決める前に自分が着たい衣装があるショップを調べ、そのショップと提携している式場を選ぶ方がオススメです。
衣装を決める→式場を決める という順番です。

また、契約する前に、衣装の持ち込み料がかかるか、かかるなら無料にしてもらえないか、必ず交渉した方が安心です。(もしも別のお店の衣装が気に入った時、持ち込み料を何万も支払うことになる為)

値段を抑えるために和装のみ前撮りにして、当日ウエルカムボードに写真を飾ったり、年賀状にしてお披露目したりといった方法もあるようです。

今はインターネットでも和装レンタルもどんどんお店が増えてきており、式場のレンタルショップと比べてもなり格安で借りる事ができます。
ですが実際に試着ができないから不安に思い、式場のショップで高い和装料金を支払う事になる人も多いそうです。ですがインターネットでもそんな不安を解消する為、送料のみ(1000~3000円)で自宅に衣装を配達してくれ、試着することが可能になってきました。

しかもレンタル料金も平均5万~10万円ほどで借りることができます!実際に借りた人たちの口コミもとてもいいです。衣装が古びていたり破れている、なんてこともほどんどないそうです。
質もよく、式に招待したゲストにもそんなに安いなんて信じられない!と驚かれる事も多いようなので、何十万も出してレンタルするよりは、インターネットで気に入るものがあればレンタルした方が料金的にも節約になるのでオススメです。
私もレンタルしようかどうか悩みながら、日々いろいろ検索しています(^^)
よろしければこちらからどうぞ⇒レンタルショップを見てみる

 

それにしても和装の衣装選びって重たいし、ドレスよりも柄がたくさんあるし、本当に悩むし疲れますよね。
でもその分選びがいもあるし、豪華絢爛な衣装を見ていると気分も上がります。日本で古くから受け継がれてきた伝統の衣装だと思うと、なんだか感慨深いです。

結婚準備 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。