結婚式打ち合わせ第3回新プランナーと打ち合わせの回数と流れ・やることリスト

前回プランナーさんとの相性が合わず、別の方に変更を申し出ました。

その際、

「新しいプランナーさんは新人の方ではなく、ある程度ベテランの方でお願いします。」

と彼が式場に伝えてくれました。

偏見ではありませんが、やっぱり経験値がある人の方が安心は出来ます。

 

 

そして前任プランナーさんの引継ぎ(あいさつ?)

が終わり、新しい女性プランナーさんが担当してくれることに。

 

私は新プランナー初対面の時、前任プランナーのトラウマがまだ抜けきらず、

警戒心の強い野良犬のように様子をうかがっていました(笑)

 

新しい女性プランナーさんは

言葉遣いは丁寧でハキハキしているんですが、

ちょっと気が強そうな雰囲気もありました。

 

これが吉と出るか凶と出るか…

 

そして3度目の打ち合わせは今までの内容の確認と今後の自分たちイメージの確認がしたいとの事。

それって前任プランナーとの間で引継ぎしてないのかな?

と思いつつもいろいろ質問され答えていきました。

 

そして結婚式のイメージはディズニーの「美女と野獣」

彼がはりきっていて、

ゲストの各卓テーブルにガラスドームに入った赤いバラを置きたい。

キャンドルサービスの代わりに、そのバラを光らせたい。

とのアイデアを出していました。

美女と野獣の物語で重要なカギとなる赤いバラ。

世界観が出て素敵なテーブルコーデになりそうです。

 

私は、美女と野獣の物語も好きだけど、結婚式のテーマとしては「ラプンツェル」が好き。

ドレスもイエローよりラベンダーがいいので、

それだったら会場の雰囲気もラプンツェルに出てくる「ランタン」を光の演出として入れたり、

ラベンダーやピンクの装花が合う気がする。

と意見を出しました。

 

自分のドレスに全て合せろって、自己中ですね(;^ω^)

案の定彼も、何で今頃テーマ変えるの?みたいな雰囲気を出してました。

 

そして私たちの意見を黙って聞いていたプランナーさんの返答は、

 

・バラをテーブルに置くのは可能だが、ガラスドームに入れた状態で光らせるのは難しいかもしれない。→確認しておきます。

・まだ時間はあるのでテーマについてはゆっくり決めればいい。

・まず先に招待状のデザインなどを選んで決定してもらいたい。

 

と言うわけで、次回打ち合わせは「招待状を決定する」になったのですが、

今日の打ち合わせって、これだけ?と正直思ってしまいました。

 

プランナーへあいさつと、ざっくりテーマについて話しただけで、
ほとんど何も決めてません。

私はこの式場まで車で1時間半ほどはかかるので、もっと1回の内容を濃くして、どんどん進めて行きたいんですが、まだ時期が早いのでしょうか?

 

また言いたい事がいろいろ出てきましたがここは我慢しました(^^;

スポンサーリンク

結婚式打ち合わせの回数はどのくらい?流れは?

プランナーさんには

・打ち合わせは今後あと何回くらいあるのか、

・内容はどんなことをするのか?

・決めていく順番は?

など、とりあえず確認しました。

 

まず、打ち合わせの回数についてはカップルによって全く異なるそうです。

お客様がこだわりがあり、何度も打ち合わせを希望していればそれに合わせるし、

少ない回数で長い時間打ち合わせする人もいる。

 

 

私たちはHanayume(ハナユメ)(旧すぐ婚Navi)から紹介を受けているので、

6ヶ月以内に結婚式を挙げればいろいろな割引をしてもらえるとの事でした。

なのでその期間内に打ち合わせで決めるざっくりした内容と流れは、

 

①招待客のリストを作る

②招待状のデザインを決める

③結婚式の演出や進行の流れを決める

④引き出物を決める

⑤料理を決める

⑥席次表を決める

⑦写真やアルバム、ビデオ撮影の有無を決める

⑧BGMを決める

⑨ヘアメイクリハーサルをする

⑩司会者との打ち合わせ

⑪最終リハーサル

 

とこんな感じでした。

 

これを6ヶ月で全部決めるので、月に2回、多くて3回ほど式場に行き打ち合わせをする必要があります。

 

プランナーとの打ち合わせで決めるのは上記の内容ですが、

その他にも新郎新婦の方で決める事はたくさんあります。

 

打ち合わせ以外の時間も決める事はたくさんある

 

・親族紹介をするかどうか

・バスを出すかどうか

・ドレスやタキシードを決める

・前撮りはするか

・ブライダルエステはするか

・指輪の用意

・新婚旅行の検討

・両親への手紙作成

 

なども自分たちで決めたり手配したりと時間がかかりそう。

予算を抑えたいならさらに手作りしたりと大変です

 

・引き出物、引菓子、プチギフト

・ペーパーアイテム(招待状・席次表)

・ブーケや髪飾りなどの装花

・演出小物

 

などは持ち込みが可能なので、

式場で手配するより自分で安いお店を探し購入した方が節約になります。

 

さらに節約にこだわるなら手作りした方がもっと安いので

私はほとんど自分で作る予定です。

 

打ち合わせ以外の時間も考えたり作業したり、考えただけで目まぐるしい(◎_◎;)

とにかく早め早めに進めた方が安心です。

 

 

\たくさんの方々に読んで頂きたくブログランキング参加中です(^^)/


人気ブログランキング


結婚準備ランキング



LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。