結婚式打ち合わせ初回。プランナーとの相性や態度についての不満

結婚式の打ち合わせに式場に行ってきました。先日成約して、第1回目の打ち合わせなのですが、初回にしていろいろもやもやする出来事もありました。

スポンサーリンク

式場でまず渡されるもの

まず分厚い結婚式のマニュアル本のような「ウエディングノート」を渡され、宿題をやってきてほしいと言われます。

最初は招待客リストの作成です。

マニュアルノートに招待客の名前を書く欄があり、今の時点で式に招待したい人を全て記入して下さいと言われました。

まだ確定ではないので、呼ぶか迷っている人たちも、とにかく全員書いてくださいと言われます。

言われたとうり、呼んだとしても、もしかして来てくれないかも...という友人たちまで記入。

そしてそれを見てプランナーさん、「すごい数ですねー、これは結構な人数になりそうだ」

と楽しそうに見積もりなどを計算していました。

プランナーさんの人柄について不安が

でも何だか違和感を覚えたのが、あまり心がこもっていないように感じてしまったことです。

これだけ人数がいればこのぐらいの儲けになるな、ふんふん...

みたいな感じにに見えてしまったんですよね。

 

この男性のプランナーさん、

最初からあまり印象はよくなかったのですが、だんだんと不安に感じてきました。

このままで楽しく打ち合わせをしていけるのだろうか。

プランナーは女性の方が向いているか?

もともと私はウエディングプランナーのイメージは、女性が担当するものと思っていました。

女性同士の方が花嫁のやりたい事も趣味やセンスも分かってもらえる。

細かい事まで打ち合わせていくので気配りのうまい女性スタッフの方が適しているのかな。

とも思っていました。

 

気持ちよく打ち合わせや準備を進められると期待しすぎていたんだと思います。それも自分が悪かったのですが...

 

 

プランナーの接客態度はどうあるべきなのか?

 

どうもこのプランナーさんに関しては、あまり自分とうまが合わないのか、

信頼感が持てませんでした。

 

話し方にしても、ものすごく軽く、チャラい雰囲気でしゃべるし、

フレンドリーなのはいいのですが、こちらはお客として来ているので、

もう少し距離を保って会話をしてほしい、と思っていました。

(友達ノリが好きという人も多いかもしれませんが)

 

言ってみればこちらはこの式場に対して、ものすごい高い買い物をするわけで、何百万も支払いをするんですから、それなりの誠意やマナーのある接客をしてほしいのです。

 

私は大きな買い物をする際は、接客態度が顧客の満足度に比例していないと納得できないタイプでして...

 

その買いたい商品自体が自分にとって十分な価値があれば、どこで購入したとしても満足できます。

ですが商品自体があいまいな結婚式というものを考えると、その式場で働くスタッフの対応がものすごく重要になってくると思うんです。

 

お客様なんだからこちらの言うことを聞け!と言っているわけではありません。

 

プランナーとして努力してほしいこと

例えばプランナーだとしたら、ただ楽しく話せは顧客は満足するわけではなく、

・こちらの質問や、不安だったり分からない事をきちんと理解し、コミュニケーションを取る。

・お客様が不快に思わないための言葉遣いやマナーを身につける。

・利益も大切だけど、お客様にはそれが伝わらないよう、最大限の気をつかう。

・こちら側の理想としている結婚式のイメージを引き出し、アドバイスや提案をする。

 

 

なんだか接客マニュアルみたいになりましたが(笑)

これくらいは結婚式という一生に一度のお祝いの場では当たり前のことだと思っていたのですが...予想外でした(;´・ω・)私の理想が高すぎるのか?

 

担当ウエディングプランナーの人間性は重要

言葉遣いはもちろん、こちらの分からない事を質問しても、簡単にあいまいに答えるだけで表情も真顔であまり笑顔もなく...

利益優先をしたいという気持ちがダダ漏れ、これといってこちらの要望を聞いてこない。

なんか適当に済まそうとしてますか?と聞きたくなるほど。

 

例えば、私は招待状などのペーパーアイテムなども事前に自分で調べて、式場で頼むより格安に外注できるネット通販サイトのショップを見つけたのでそちらで作成しようとしていました。

 

そこでは引き出物やプチギフトなども式場で頼むよりもとても格安で販売しており、持ち込み料がかかる場合は、式場へは持ち込まず、自宅へ宅配してくれるサービスがあったり、なるべく節約できそうな良心的なサイトだったので、そこに決めようとしていました。

 

ですが今回の打ち合わせの最後に、特に何も説明されず、引き出物の本がたくさん入った重たい袋をドンと渡されました。(式場と提携しているショップのものです)

この中から商品を決めておいて下さい。とだけ言われ、このカタログが引き出物だということすらよく分からないまま持ち帰りました。(他にも式場のパンフレットなども一緒に混ざっていて、わざと質問をされないように渡された感じがしました)

 

質問をしても不都合なことははぐらかされる感じでよくわからず、こちらの聞きたい事は解決されないままでした。

 

外注されると式場の儲けが減ってしまうので、あまり答えないようにしているんだな、と後からなんとなく思ってしまいました。

プランナーの印象で式場の印象も決まる

ですがそこでお客に不信感を持たれてしまうよりは、正直にいろいろな方法があることをアドバイスするとか、それでも式場の方がこんな特典がある、とか売り込みをするとか、

誠実に対応すれば信頼をもたれ、このプランナーに任せたい、と思う人が多いんではないでしょうか。

そうすれば、この信頼できる式場の引き出物を購入したい、と思ったかもしれません。

私が大切だと思っている、「心」や「誠意」の部分が欠けているのが気になってしまい、こちらも心を開くことができませんでした。

 

結婚式に関して全く素人の私からすると、不安で仕方ありません。

 

確かに式場からすれば、たくさんいる中の一組にしか過ぎないかもしれません。

ですが、お客にだってスタッフの対応がなっていないというのはすぐに分かります。

 

それを改善せずに存続していくことは式場側としても非常に難しい気がするんですが...

いつか評判が悪くなるのは目に見えているような。

なかなか世の中自分の理想どうりにはなりませんけどね。

相手を変えるのではなく、自分が変わるべきなのか?

とここまで書いていて、自分が本当にめんどくさい奴だなと客観的に思います(笑)

 

現に私の彼はこのプランナーを話しやすい、と気に入っているし、結局は人によって感じ方は違うのです。

 

私が考え方・受け取り方を変えれば、また違った見方ができるのでしょうが、なにせ一生に一度しかない憧れて続けた結婚式なので、妥協をしたくないんです。

 

ですが自分が相手に対して感じている不満は、実は自分と似ている部分でもあったりします。

もしかしたら自分だって、相手に同じ感情を与えているのかもしれません。

 

そうだとしたら自分が変われば相手も変わるのでしょうか?

よく聞く言葉ですが、なかなか難しいことだと思います。

葛藤しつつもどうすべきか、今後もよく考えてみたいと思います。

 

 

\たくさんの方々に読んで頂きたくブログランキング参加中です(^^)/


人気ブログランキング



結婚準備ランキング



LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。