結婚式の曲選び♪実際に使った音楽【挙式時&アフターセレモニー】のBGMリスト

結婚式に流す曲選び。それぞれの演出に合った曲を選び、感動を倍増させたいですよね。

音楽には人を感動させる力があります。結婚式の雰囲気と合わせて素敵な空間を作りたい!

でも意外とゲストは曲まで覚えていないという声もありますが、結婚式の雰囲気づくりには欠かせないBGMは花嫁としてはこだわりたいものです。

思い入れのある曲や、家族が好きな曲など、ゲストが覚えていなくたって心を込めて決めたいです。

今回は挙式~アフターセレモニーまでの実際に使ったシーン別BGMをご紹介します。

 

 

まずチャペルでの挙式中は幻想的で厳かな雰囲気にしたかったので海外の教会やミサでキリスト教の聖歌隊が歌いそうな讃美歌っぽい楽曲から選びました。

 

スポンサーリンク

☆ゲスト入場中のBGM

S.E.N.S/レクイエム~行ってしまった朝

 

これは式場見学した時に流れていた曲で、聴いた瞬間「これはチャペルで流したい!!」とこれまた一瞬で決めた曲でした。

厳かで神秘的な教会にぴったりの楽曲。

以前友人の式でチャペルに入った時こんな感じの音楽が流れていて感動した記憶があり、教会っぽい雰囲気を出したかったのでこちらを選びました。

ドラマ「あすなろ白書」の挿入歌でもあり、なんとなく聞いたことがある、懐かしい曲です。

 

☆新郎入場BGM

S.E.N.S/レクイエム~行ってしまった朝

新郎入場時も同じ曲にしました(笑)彼がなんでもいいと言うので続けて流してもらう事に。

 

☆新婦入場BGM

Libera(リベラ)/Far away  彼方の光

 

新婦入場もチャペルの幻想的な雰囲気を出したかったのでこちらの讃美歌のような曲に。

美しい歌声が神聖な雰囲気を与えてくれます。

自分が登場する時にこんな大々的な曲だとちょっと恥ずかしいかなとも思いましたが、これを超える曲が見つからなかったし、とても感動的な曲なのでこちらに決めました。

 

 

 

挙式中の曲はおまかせにしました

その他の誓いの儀式や指輪交換などの場面はBGMは入れないそうで、ちょっとした空いた時間の曲は決めれたのですが何も思い浮かばず、ちょっと不安だったけどプランナーさんにお任せしました。チャペルではLiberaみたいな幻想的な感じの音楽で統一したい、という事は伝えました。

 

 

 

☆退場BGM

Rin Oikawa/Wedding March(結婚行進曲)

 

1無題
⇒試聴する

この方の曲も結婚式では大人気の楽曲。聞き覚えのあるウエディングソングをカバーして、かわいくておしゃれな歌声が好きです。

退場時は少し明るい雰囲気にして、笑顔で退場したかったので曲調を変えました。

 

 

☆フラワーシャワーBGM

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)/22
1無題⇒試聴する

教会のすぐ外にある、長い大階段を降りてフラワーシャワーを浴びる時の曲。挙式とは打って変わって洋楽のおしゃれでハイテンションな曲を選びました。

テイラースウィフトの歌声も曲も大好きだし、POPだけどうるさすぎない曲調でいい感じです。

打合せに行ったとき式場でもよく流れていたので定番曲でもあるのかな。

 

 

 

☆ブーケトスBGM

Cher Lloyd(シェール・ロイド)/Want U Back

1無題
⇒試聴する

これはおしゃれで明るい曲で気分がノリノリになれる楽曲。

シェールロイドは私の中でちょっとやんちゃな曲調のイメージだし式には合わないかな?と思ったけど私も彼も2人とも好きな曲だったので使用しました。

ブーケトスでテンションを上げてもらうにはちょうどいいかなと(笑)

 

 

☆集合写真を撮るときのBGM

Owl City & Carly Rae Jepsen(アウル・シティー&カーリーレイジェプセン)/Good Time

 

こちらはさわやかで楽しい気分になれる曲。集合写真は並んだり移動したり時間がかかるので、最後まで楽しめる感じの曲を選びました。

この曲もノリはいいけどやりすぎな感じがなく、万人に好かれる曲というイメージで決めました。

 

 

 

 

 

BGMを決める時に重視したこと

式は幻想的な気分になれる聖歌調の曲を選びました。

チャペルの雰囲気に合う音楽にしたいとかなり前から思っていたので、本格的な曲を探しました。

退場時からは、あえて明るいおしゃれな曲調にしてメリハリをつけました。
自分の中で挙式は真面目に、終わってからは楽しく、そのまま笑顔で披露宴に、という感じにしたかったので。

 

フラワーシャワー、ブーケトス、集合写真はPOPな洋楽を選びました。

年配のゲストもいるのでうるさすぎず、激しすぎず、いい感じにテンションの高い曲にしました。
洋楽にするとおしゃれな雰囲気になるのでいいですね(^^)

 

・他には個人的に曲が演出の時間よりも短くて、リピートになってしまうのがなんかイヤで、時間が長い場面は出来るだけ曲数を増やすとかして工夫しました。

なんとなく音楽がリピートされると適当な雰囲気がしてしまう気がして。

・ちなみに曲のこの部分から流してほしい!という希望は受け付けてもらえませんでした。式場の方で場面に合わせて流すそうです。曲にこだわる人にとっては「そこじゃないよ~」となってしまう展開もありそう(;^ω^)

 

結婚式の音楽は著作権が厳しい

音楽の著作権が昔よりもさらに厳しくなったようで、プランナーさんから詳しく説明を受けましたが、なんか小難しくていまいち理解ができませんでした(;^ω^)

簡単に言うと、

式場がもともと許可を取っている曲→流せるよ!

式場が許可を取ってない曲→自分たちでCD買って持ってきてくれたら流せるよ!

って感じでした。

定番曲や結婚式で使われる曲はだいたい式場にあるので無料で流してもらえるとのこと。

今回の曲の中ではシェールロイドの曲だけ式場にはなかったので、自分たちで用意してと言われました。

 

CDを用意する時の注意点

CD買うのはお金がもったいない。

「じゃあ安くレンタルしたCDを持ち込めばいいじゃん」

となりますが、それは出来ないのです。

レンタルやコピー、ダウンロードした楽曲は著作権の関係上NGなのです(゚д゚)!

というわけで私たちがとった手段は、

友人にCDを借りました(^^)

正規のCDだから友達から借りるのは問題無し!

たまたま借りれたのでよかったけど、無かったら式場にある別の曲に変えてました。

 

それにしてもこれだけ色んな音楽の試聴の仕方がある現代で、CD以外NGとは…

他に便利なやり方を考えてほしいものです。

 

次は披露宴のBGMに続きます。

 

 

 



 


結婚準備ランキング

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。