結婚指輪はなぜ高い?プラチナ・ゴールド・シルバーの違いや種類

 

結婚指輪を決めるにあたって、頭の固いケチな私は(よく言えば堅実)前々から疑問がありました。

カップルが身につけるペアリングの値段は平均2~3万。

結婚指輪の相場は10万~20万。

 

なぜこんなに差があるのか?

結婚指輪だから。

プラチナだから。

一生ものだから。

 

 

よく聞く言葉ですが、いまいちよく分からない。

ケチな私は(よく言えば無欲)2~3万でデザインの気に入る指輪が見つかれば、それを結婚指輪にしても全く問題ないです。

キラキラしたジュエリーは好きですが、大金を出してまで買いたいとはあまり思いません。

金属アレルギーも少しあり、出かける時しかアクセサリーはつけないし、指輪は特に着脱が一苦労。

指輪をなくしてしまった、なんて夫婦を何組か知っているし。

これからの結婚生活もお金がかかるし、結婚式の見積もりもどんどん上がるだろうし(;´∀`)

 

というわけで自分なりに納得できるよう結婚指輪について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

なぜ結婚指輪にはプラチナやゴールドが人気なのか

まず気になるのは結婚指輪のリングの部分。

価格の高い順に、プラチナ(白金)・ゴールド(金)・シルバー(銀)となります。

まず他の貴金属と圧倒的に違うところ…

それは「ジュエリーに加工しやすい金属」

これが最大の特徴だったんです。

例えばダイヤモンドを留めるとても小さな爪の部分。

あの細かい部分を他の金属を使って加工すると、金属が硬すぎて折れてしまったりするそうです。

 

プラチナは硬度もあるが「粘性」の性質も持っている。

ねばりけがあるのでとても細かい爪の部分にも対応できる。

 

一方、ゴールドは「のびる」性質を持っている。

こののびる性質を生かして細かく繊細な指輪のデザインをつくる事ができる。

 

プラチナもゴールドも、「硬く」て「柔軟性」がある貴金属のため、壊れにくく加工がしやすい。

これが他の貴金属よりもジュエリーに多く使われている理由なんですね。

 

 

結婚指輪でプラチナが人気の理由

プラチナは天然の貴金属。鉱山で採掘した時から「渋い銀色」をしている。

指輪の内側などには「Pt」と表記されます。

プラチナのメリット

地球上にそれほど存在しないため希少価値が高い

酸で酸化しない

化学反応を起こしにくい

アレルギーが起こりにくいため人体に無害

温泉などの硫黄で黄ばまない

洗剤溶液やサビなどに強い

いつまでも輝きが失われない

天然金属では最高硬度を誇る金属なのでちょっとやそっとでは変形しない

硬いが「粘性」の性質もあり、他の貴金属よりもジュエリー加工に向いている

 

これらの理由から「いつまでも変わらぬ愛」という意味にも通じるため、結婚指輪やプロミスリングなどに人気があります。

 

プラチナのデメリット

希少価値や加工技術が高いため、費用も他の金属よりも多くかかる

硬いが「粘性」の性質もあるため全く変形しないわけではない

 

希少性や硬度など、メリットが多い分、やはりお値段は上がってしまうのですね。

 

ホワイトゴールドとは?

プラチナとゴールドの間に「ホワイトゴールド」というものがあります。

プラチナとよく似ていますが別物です。

ホワイトゴールド(白色金)とは、元はゴールド(金)で、見た目を白くするために銀やパラジウムなどの貴金属を混ぜ合わせて銀色に加工したものです。

ゴールド(金)を白く見せるために加工しているんですね。

「WG」、「K18WG」などと表記されます。

 

 

ホワイトゴールドのメリット

プラチナに比べてコストパフォーマンスがよい(安い)

加工して純度を下げているのでプラチナよりも強度は高い(硬い)

プラチナに近い色でそれほど見た目に違いはない(ホワイトゴールドは若干明るい銀色)

ホワイトゴールドのデメリット

加工して白い金属を練りこんでいるが少し黄色味がかっているので、表面に銀色の金属で加工(メッキ)をほどこしている→使っているうちに少しずづ加工がはがれ、中の黄色味が見えてくる。

 

色が変色したら指輪を購入したお店で元通りにしてくれるが、料金がかかってしまう場合があるので事前にアフターサービスが充実しているかお店に確認する必要がありますね。

純度100%は指輪などジュエリーには使わない

100%の方がいい気がしますよね。

でも、プラチナもゴールドも、純度100%では柔らかすぎて逆に加工がしづらいという難点があるんです。

プラチナ (Pt) は純度100%のプラチナに銀などの他の白い金属を混ぜ、

あえて純度を下げて加工をしやすくしています。

純度90%=Pt900 純度85%=Pt850 と表記されます。

 

ゴールドも同じです。純金(100%)のままだと、指輪が変形したり傷つきやすくなります。
こちらもあえて純度を下げて銀や銅など、他の金属を混ぜて加工し、強度を上げています。

純度75%=K18 と表記されます。

そんな理由があったんですね。

 

 

ゴールドの純度の違い

よくK18とかK10とか言われているものは金が含まれる割合の違いです。

ゴールドは金の純度が高い順に「K24」「K18」「K14」「K10」という種類に分けられる。

「K24」=100%ゴールド (純金)

「K18」=75%ゴールド   (合金)

「K14」=58.5%

「K10」=41.7%

 

ゴールド(金)は柔らかい性質のため、純度が高いほど傷つきやすい。

「K24」は指輪をぶつけてしまったりすると傷ついたり、変形しやすい。

純金なので結婚指輪などのブライダルリング、その他ジュエリーにも向いていない。

 

「K18」は一般的な純度で、強度も高く、結婚指輪に選ぶ事が多くオススメだそうです。

純度が高いので変色もしにくく、アレルギーなども起こしにくい。

18金てよく耳にしますもんね(^^)

 

「K14」はさらに純度が低いので、強度が高く傷つきにくい。

しかし金以外の金属(銀や銅、パラジウム)が多く含まれているため、若干、変色しやすい。

 

「K10」は一番純度が低いので、強度がとても高く変形もしにくい。

しかし硬すぎるという事は柔軟性に欠ける為、逆に割れやすいというデメリットもある。

銅などの金属が多く含まれるため、純度の高いものと比べると変色しやすい。

コストパフォーマンスを優先するなら一番安いのでオススメ。

 

ゴールドの結婚指輪の種類

ジュエリーの強度を上げるために、金以外の金属も混ぜて作られているゴールドジュエリー。

この「金以外の金属」の配合によってジュエリーの色が変わります。

 

ホワイトゴールド(WG)     ・・・ 銀やパラジウムが多いので白味を帯びる

イエローゴールド(YG)   ・・・ 金と銀をほぼ同じ量まぜて加工すると黄色味に

ピンクゴールド (PG)   ・・・ 銅が多く含まれると赤みを帯びてピンク系の色味に

 

イエローゴールドは金色に近い色合いでイエローベースの日本人の肌にも馴染みやすい。
ゴージャスな雰囲気で、ゴールド系のアクセサリーを普段からしている人はファッションリングとの併用もできそう。

 

ピンクゴールドは女性らしく可愛いピンクが人気の色です。
可愛いのに落ち着いた雰囲気で、年を重ねても違和感なくつけられそうです。
デメリットは銅が多く含まれるため汗や温泉などに反応して、変色が起こりやすく黒ずみやすいのでお手入れに手間がかかります。
また銅が含まれるためとても硬くサイズ直しがしにくいという難点もあります。

 

あまり聞かないですが他にも、

グリーンゴールド   銀が多め

レッドゴールド    銅が多め

ブルーゴールド    鉄が含まれる

パープルゴールド   アルミニウムが含まれる

という種類もあるそうです。

ゴールドだけでもこんなに多くの種類の色があるなんて、とてもおもしろいですね。

 

シルバーの指輪はペアリングに多い 結婚指輪には不向きなのか?

ペアリングに多いシルバー(銀)

なぜ結婚指輪には選ばれにくいのか?

 

シルバーリングのメリット

美しい銀色の光沢感がとてもキレイ

プラチナやホワイトゴールドは割と落ち着いた銀色。シルバーの方が明るい銀色で輝きや光沢感がある

シルバー(銀)は地球上に多く存在するため希少価値は低い(価格が安い)

シルバーリングのデメリット

シルバーリングは酸で酸化するため、サビてしまうのが難点

クロスで磨けばピカピカに戻るが手入れに手間がかかる

長年使用すると割れやすい

素材が柔らかいため、傷ついたり変形しやすい

温泉に入ると変色することがある

 

 

 

こうしてプラチナ・ゴールド・シルバーの違いを比べてみると、値段が違うだけの理由があることが分かりました。

今回自分なりに調べてみて、今まで何となく結婚指輪について疑問に思っていた事が解消されひとまずスッキリしました。

これをふまえて自分の納得のいく指輪を選んでいきたいと思います(^^)



\たくさんの方々に読んで頂きたくブログランキング参加中です(^^)/


人気ブログランキング



結婚準備ランキング

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。