ドレスにも和装にも♡結婚式におすすめなヘアカラーは?おしゃれ花嫁の髪色・王道3選♡

 

結婚式の髪型・ヘアスタイルも重要ですが、

同じくらい重要なもの!

 

スポンサーリンク

それは「髪の色」

 

ヘアカラーひとつで花嫁の印象は180度変わって見えます。

・清楚 → 黒髪

・おしゃれ → ブラウン

・派手 → ハイトーン

 

しかもヘアカラーは当日何度も変えられないのでお色直しに合わせて変化をつけることもできない。(ヘアスプレーとかでカラーをいれたりとかエクステとか方法はあるでしょうが)

ウェディングドレスにも、カラードレスにも、和装にも合うカラーを見つけるのは意外と難しい。

 

そのほかにも今はたくさんの種類のカラーができるので悩んでしまいます。

 

私はあまり凝ったトレンドヘアカラーよりも定番カラーの方が好みなので王道の髪色画像をチェック。

 

黒髪

黒髪×白いウェディングドレスは最高に清楚に決まる組み合わせ。どうしても地味になってしまいがちですが細かく巻いたりウエーブヘアでトレンドを取り入れ、メイクも華やかなカラーを使えば洗練されたおしゃれな花嫁に♡

 

ほぼ黒髪に近いブラウン。室内では黒髪に見えますがチャペルを出たり、ガーデンでセレモニーをするときなど外の光に当たるとやわらかいブラウンに見えてほどよく好印象。白いヘアアクセやウェディングドレスも映える色です。

 

すこし赤味の入ったブラウンカラー。花嫁さんらしい自然で嫌味のない髪色で安心感も与えます。髪色が落ち着いている分、鮮やかなヘアアクセやリップでインパクトを与えると華やかで印象に残りやすく仕上がります。

 

暗めの髪色を華やかにドレスアップするならウエーブヘアのダウンスタイルで大人っぽくおしゃれに♡キラキラビジュー&くすみカラーのキラキラドレスもバランスよくきまっています♡

 

ブラウン

少しだけピンク系の色味が入ったナチュラルブラウンカラー。同系色のピンクやラベンダー系のカラードレスと合わせると統一感がありおしゃれに仕上がりますがウェディングドレス、和装にも合わせなければならないのでさりげなく発色させるのが無難。

 

日に当たって髪がすけるキレイなブラウン。ゴージャスなヘアスタイルもかわいらしく上品にきまるナチュラルブラウンは何年たってもアルバムを見返したくなるヘアカラー♡

 

ハイトーン

ベージュ系カラーでトーンをおさえつつやわらかい印象が残るおしゃれなカラー。若いゲスト・年配のゲストからも好印象な絶妙な色合いです♡

 

ハイトーンカラーで目立ちつつもベージュ系のヘアカラーで落ち着いた栗色の髪に♡抜け感のあるカラーと上品でかわいらしいふわふわポニーで明るいのに清楚な印象になれる髪色♡

 

少しトーンアップしたベージュ系カラー。ナチュラルなダウンスタイルとグリーンを使ったシンプルな髪飾りが明るい髪色とのバランスと調和して素敵な雰囲気に。派手めなヘアカラーはエンパイアドレスなどシンプルなアイテムが似合うかもしれません。

 

妖精のようなふんわりチュールドレスにぴったりな明るめベージュカラー。ウェディングドレスは黒髪でも合いますがカラードレスの淡いカラーに合わせるならやっぱり柔らかいベージュ系ヘアカラー。優しい雰囲気のの相乗効果は周囲もなごやかにしてくれます♡

 

派手になりがちなハイトーンカラーも個性的な原宿系スタイルでおしゃれ花嫁に♡ヘアアクセも定番のカスミソウではなくゴールドの木の実のヘアアクセで髪色とコーディネート♡可愛らしくおしゃれにまとまっています♡

 

 

ハイライト

外国人風のヘアスタイルに最もおすすめなハイライトカラー。暗めのベースカラーにブリーチした明るいハイライトを入れることで編み込みヘアにキレイな動きができて芸術作品のようなヘアスタイルに♡動きが出る分やわらかい髪質に見えてウエーブヘアもおしゃれにキマる♡あまり太いハイライトや入れすぎは派手すぎる印象になってしまうので注意が必要。

 

 

和装に似合うヘアカラーは?

定番のナチュラルブラウンは和と洋、どちらにも似合う中間色。ドレスよりはっきりした色味の髪飾りや色打掛がよく映えます。

 

明るめブラウン系カラーは「洋」の雰囲気を高めたい場合におすすめ。あえて外国人風のゆるふわhヘアにして白無垢や色打掛との対比をおしゃれに見せるのもよし。

 

明るさレベルの高いオレンジ系ブラウンは陽の下ではさらに明るく見えます。主役として目立つことは間違いなしですが、相当なバランス感覚とセンスがないと衣装とちぐはぐに見えてしまう可能性も。

個人的にはやっぱり和装は明るすぎると日本人らしさがなくなってしまいどこか違和感がある気がします。
明るめがいいならやはりナチュラルブラウンかベージュ系カラーでトーンダウンしてバランスを保った方が無難。
オレンジ系やイエロー系はパッと明るくなってあか抜けた印象になりますが髪質によっては(太かったり癖が強かったりすると)髪色ばかりが主張して悪目立ちしてしまう可能性があります。
そのほかの流行のヘアカラー、アッシュやグレー、パープル、ピンク系、グラデーションカラー、部分カラーなども普段のファッションに合わせるならおしゃれに決まりますが、ドレスや和装に合わせるのは個性が強すぎてこれも印象が悪くなる可能性も。
さらに流行だからと言ってその時の好みで奇抜な色に染めると後々何十年も残るウェディングフォトが時代遅れでアルバムを開きたくない!なんてことになるかも。
とは言っても
黒髪だと物足りないし、
普通のブラウンだと無難だし、
ハイトーンだと親に総攻撃を食らうしww
とりあえず
「明るめだけど派手すぎない、結婚式のドレスや和装どちらにも似合う色で、親は明るめNGなので親族や親にも好印象な色で、一生アルバムにも残るのであまりトレンドカラーは使わず、おしゃれだけど奇抜すぎず、それでいて友人たちにはセンスがいいと思われ、自分も一生に一度の後悔しない、満足のいくヘアカラーにして下さい。」
と美容師さんに注文してみようと思います。
こんなとんでもない責任を背負わされる美容師さん、気の毒すぎる。
自分でも今まで美容室で希望の髪色やヘアスタイルを注文してもどうやっても理想どうりに仕上がらないことが9割だったので期待はせずに言うだけ言ってみよう。
気に入らなかったら自分で染め直そう。
というわけで次回は美容室でいよいよ運命のヘアカラーが決まります。


結婚準備ランキング


LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。